HOME しくみ スタンドアローン USB接続 偽造防止
見えないバーコードが「声」で話し、「音楽」を奏でます。
グリッドスキャナー

「グリッドスキャナー(Gスキャナー)」とは、パンフレットや本、パッケージ、シールなどの印刷物に「見えないバーコード」を印刷し、超小型カメラを搭載した専用のペン型スキャナーで瞬時にそれを読み取り、音声出力あるいはマルチメディアにリンクさせる新しい情報認識システムです。

資料請求またはご質問等に関しましては、お手数ですが、
salesosk@sunart.co.jpまでメールをお送りください。

感覚刺激印刷
グリッドスキャナーの役割

「Gスキャナー」は既存の印刷物、つまりアナログ世界にある印刷物を、デジタル世界の情報メディアと融合し、リアルタイムに、直感的に、視覚・聴覚を刺激するコミュニケーションツールへと変貌させる新しい技術です。

声・音楽・映像すべてを印刷物に

「Gスキャナー」は、絵本やゲームなどのエンターテインメント分野はもちろん、語学教材や写真アルバム、通信販売カタログ、料理レシピなど、ここに挙げきれない様々な幅広い分野に適応しています。
もちろん、広告やカタログ・パンフレット、会社案内、パッケージなどのビジネスツールにも絶大な効果を発揮します。既存・新規に関わらず、どのような印刷物にでも自由に音楽や映像をプラスできる汎用性があります。

見えないバーコードって何?

「見えないバーコード」とは「Gスキャナー」専用に開発された極小のドットのことでGrid Onput®と呼びます。印刷には従来のバーコードのように別途スペースを設ける必要がなく、紙面はキレイなままです。また、このデータはコピー機で複写したり、市販のスキャナ等では読み取ることが出来ないので、偽造・複製は不可能です。

コストは高い?

「見えないバーコード」の印刷には、特殊なインクを使用しますが、特別な印刷機は必要としません。通常の印刷料金の約3割増し程度で印刷が可能となります。

このページの上へ

Copyright(C) 2004 SUN ART Printig Co,.ltd. All Rights Reserved.