space
 

水なしの刷版は、従来の水あり印刷の版とは違い、汚染物質を含む現像液を使用せず、水道水による水現像方式ですので排水は下水道法をクリアし廃液量が大幅に削減できます。

※各地方自治体によっては基準が異なります。

 
 

従来の水あり印刷の様にエッチ液やIPAなどの有害物質をが含まれる湿し水を使いませんので、CO2削減を図れる印刷です。

水なし印刷は、インキが水でにじまないため、網点が再現性が高く、高精細な美しい仕上がりの印刷物が得られます。
凹凸の大きい上質紙やマット紙、和紙でもデータどおりの円形の網点が用紙上に確実に再現します。また、肉眼では読めない1級クラスの文字でも拡大してみると見事に再現できていることがわかります。
 
水なし印刷では、版表面のシリコンゴム層が従来の水あり版の湿し水に相当し、インキを反撥します。そのためにエッチ液やIPAなどの有害物質を含む湿し水を使いません。
 
   
クレジット
©2008 SUNART PRINTING CO., LTD. All rights reserved.
もっと詳しく