ごあいさつ
会社概要
会社沿革
ISO9001
ISO14001
FSC認証
グリーンプリンティング認証
環境対応
個人情報保護方針
次世代育成支援対策行動計画
設備一覧
部門紹介
マップ
環境対応
環境に役立てることは、すべて実行します。
有害な廃液が一切でない“水なし印刷”をはじめ、弊社ではいくつかの環境保全に係る取り組みを実践しています。単に原材料だけではなく印刷技術やワークフローも見直し、より健全で革新的な『環境へのプレゼンテーション』を継続しています。
FSC®認証制度(森林認証制度)
NPO団体FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会:本部はドイツ・ボン)が運営する制度です。(特定非営利活動法人 日本森林管理協議会)
適切な管理がされている森林の木材を選択し、管理された流通工程で生産された生産物(印刷用紙や木工製品)を使うことで、世界の森林環境を改善していこうという取り組みです。
弊社での取り組みは、こちらをご覧ください
水なし印刷
全米の印刷会社、機材メーカーを中心に構成された非営利団体“水なし印刷協会(WPA:Waterless Printing Association)”が推奨する水なし印刷は、水質汚濁防止法や新廃掃法の遵守はもちろんのこと、PRTR法、グリーン購入法、またISO14000シリーズの対策として採用されています。通常の印刷方式では、特別管理産業廃棄物としての処理が必要なPH12以上の強アルカリ現像廃液や、BOD、COD等の基準値を大幅に超える有害物質を含む『湿し水』廃液が発生します。水なし印刷では有害な現像液や『湿し水』が不要なので、工程上発生する廃水は通常の下水として流すことができるのです。